未分類 0 Comments

難関と言われる公認会計士の資格ですが、取得してからも昇進していくためには努力と時間が必要です。監査法人でキャリアをスタートさせるケースがほとんどだと思いますが、スタッフという立場から仕事を始め、月収で30万円程度からのスタートが一般的です。残業代やボーナスを入れると、年収500万~600万円ほどが見込める年収となりますので、やはり普通の会社員をするのと比べると高い年収を期待できるでしょう。

監査法人で勤務を開始して数年の経験を積むとシニアスタッフという立場になるのが一般的な昇進の流れです。シニアスタッフになると年収は650万以上が見込めるようになり、残業を多くする人であれば1,000万円近くの年収も夢ではないようです。シニアスタッフの次はマネージャーという立場になりますが、マネージャーは管理職ということで、人によってボーナスの査定の差が大きくなってくるでしょう。

しかし、多くの人が1,000万円の年収を超えるようになると言われています。その後はシニアマネージャー、パートナー、シニアパートナーとキャリアを進めていくのが目標になってきますが、パートナーにまでなれば1,500万円以上の収入が多くなってきます。ここまでキャリアアップができれば、会計士として成功を収めたと言えるでしょう。