専門学校経て会計士へ

未分類 0 Comments

最近の世の中では、単純に学歴だけでは就職や昇進は難しくなってきました。単なる肩書きだけでなく、その人自身がどんな仕事をこなすことができるのかが問われています。そういった意味では、最終学歴というよりも、所有している資格に価値を見出す人が増えているのも納得です。日本にもさまざまな資格があり、学生時代に取ることが多いものもあれば、大人になり社会に出たあとに取得する資格もあります。また、簡単に取れるものから超難関と言われるものまでさまざまですが、非常に難しい資格の一つと言われているのが公認会計士の資格です。

公認会計士は国家資格であり、試験に合格して資格を取得する必要があります。この公認会計士の受験は年齢や学歴などは関係ないので、バックグラウンドがどのような人でも、努力して勉強すれば合格できる可能性が十分にあります。しかし、試験内容は前述したように難関と言われており、司法試験に次いで難しいとも言われています。

一般的には高校を卒業後、公認会計士の勉強をするために専門学校や大学などで学び、公認会計士試験の一次、二次と進んでいくのが王道です。その後、実務補修や業務補助を1~2年経て三次試験となり、これをクリアすることによって晴れて公認会計士資格取得となります。長い道のりではありますが、価値ある資格として多くの人の目標になっています。当サイトでは、この公認会計士のための専門学校、そして資格取得後の給与などについてご紹介します。